Information
トラックバックに関して
トラバ返しはしますが、基本的にコメントはしません。トラックバックは承認後に公開されます。スパムがあまりにも多いため言及URLがない場合は自動的にTBを拒否します。記事に関係のないトラックバックは削除します。

コメントに関して
スパム防止のためコメント記入後に画像認証があります。コメントを投稿する際はハンドルネームで結構ですので、お名前をご記入下さい。記事に関係のないコメントは削除させて頂きます。

Latest entries
Categories
Recent trackback
Recent comment
Archives
Links
Others
smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Search this site.
Profile
しぃ ♀ モラトリアム中
好きな映画のジャンルはロマンスとファンタジー。ときどき本やレストランのレビューも書いたりします。

このブログについてTwitterに書く
Booklog
etc...
R S S T I M E S フィードメーター - RE:ねこのうたたね
Donation


The Hunger Site
最近読んだ本
しぃの最近読んだ本
with Ajax Amazon
Recommend


Recommend
黒執事 1 (1) 夏目友人帳 1 【通常盤】 [DVD] よつばと! (1) (電撃コミックス) 夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫) まどからおくりもの (五味太郎・しかけ絵本 (3)) オペラ座の怪人 [Blu-ray] アジアンタムブルー ペネロピ [DVD] 魔法にかけられて 2-Disc・スペシャル・エディション [DVD] ヴァージン・スーサイズ ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション ニューヨークの恋人 死神の精度 (文春文庫) オーデュボンの祈り (新潮文庫) ユージュアル・サスペクツ きみに読む物語 スタンダード・エディション スプートニクの恋人 (講談社文庫) 冷静と情熱のあいだ―Rosso (角川文庫)
sponsored links
みんなのブログポータル JUGEM

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | コメント:0 | TB:0 | |

お買いもの中毒な私!(ネタバレ)

Confessions of a Shopaholic (2009)

Director : P・J・ホーガン
Cast : アイラ・フィッシャー、ヒュー・ダンシー、クリステン・リッター
Genre : コメディ/ロマンス
Runtime : 105分
配給 :劇場公開(ディズニー)
参考リンク → IMDb / allcinema

All she ever wanted was a little credit...


◆あらすじ
地味な園芸雑誌の編集部で働くレベッカ・ブルームウッドは、華やかな一流ファッション誌の記者になることを夢見るニューヨーク在住の25歳。彼女も多くの女性と同じく“お買いもの”で日々のストレスを解消している。ただ、レベッカのお買いもの好きは尋常ではなかった。ブランド物を中心に衝動買いが止まらず、彼女の部屋はその品物で溢れかえるほど重症な“お買いもの中毒”なのだ。だがやがてある時、ついに支払い能力を超えてしまい、ようやく自分の懐具合を思い知らされるレベッカ。そこで彼女は生活を立て直すため転職活動を開始、憧れであるファッション誌の編集部に狙いを定める。しかし、何の間違いかレベッカが雇われた部署は、お目当てのファッション誌と同じ出版社の、おカタい経済誌だった…。


女子として、買い物好きとして★5つ。

冒頭のセリフが印象的。

「男は店員ほどチヤホヤしてくれない。」
「男は選ぶのに失敗しても、買い物と違ってクーリングオフできない。」

そして最後のこのセリフも印象的だった。
カードがrejectされたこととかけてるのが面白い。

“I end my relationshiop with credit cards and
 started relationship with a man who will never "reject" me.”

主人公がアリシアにパーティーで意地悪された後に
“Your are a trout”と言ったあとのアレット編集長の顔。
実は彼女も少なからずそう思ってたんだろうか。

マネキンの使い方が面白い。
あんな風に話しかけられたら絶対に買ってしまう。

緑のスカーフが欲しくなった。
顔も良くて、頭も良くて、性格も良くて、家柄も良くて。
そんな男がいるはずがない。がしかし、羨ましい。

ヒュー・ダンシー、格好良いと思ったら
『ジェイン・オースティンの読書会』の人だった。

スーズ役のクリステン・リッター、どこかで見たことあると思ったら
『ベガスの恋に勝つルール』に出てたらしい。

買い物が好きな人が見れば
元気が出ること間違いなしのGirls movieである。
『プラダを着た悪魔』が好きだった人は好きになるはず。



ノキアの社長がフィンランド語でレベッカに
何と言ったのか分からなかったのでググってみた。

言語と言えば、フィンランド語まで出てきました。あのシーンでノキアの人はこのように言っています。
「私はフィンランドのサウナとシナモンロールが恋しくてね。あなたはフィンランドの何が一番恋しいですか?」
それに対してベッキーは「あなたみたいな男がいるからフィンランドを離れたのよ!」と。で、なんでノキアの人がベッキーを気に入ったのか?シナモンロールをフィンランドではkorvapuustitと言い、その意味は“耳をピシャリ(平手宇打ち)”!ノキアの人、なんてユーモアのある子だ、と思ったのかね。

via: 猫の毛玉 映画館


あとは、パーティーのシーンの“マス”が引っ掛かっている人も多いのでは?

ねたばれ(本当にネタばれ、というか、補足説明、ご鑑賞後にお読みください!)

1、ヒロインの携帯の着信音は、「屋根の上のバイオリン弾き」の曲(もしお金持ちだったら)
2、最初の会話の祭、フィンランド人は“今度一緒にサウナでも?”みたいなことを言っています。
3、意義悪されたあとで主人公がライバルに“あなたはマスでしょ!”と言っていますが、俗語で、マス(Trout)には、不細工な顔(ブス)の意味があります。

4、最初に面接に行った受付の男性が、助言をする際にヒロインに“Scusi”(ちょっと!)と呼びかけていますが、これはイタリア語、してみると彼はイタリア系.。また、他の登場人物のフランス訛りの英語も楽しめますし、スペイン語も飛び交う等、なかなか耳に楽しい作品でもあります。

via: Yahoo!映画 - お買いもの中毒な私!

 

movie(comedy) | コメント:0 | TB:22 | |

ウォッチメン

Director : ザック・スナイダー
Cast : ジャッキー・アール・へイリー、パトリック・ウィルソン
Genre : アクション/SF/犯罪
Runtime : 163分
配給 :パラマウント ピクチャーズ ジャパン
参考リンク → IMDb / Rotten Tomatoes / allcinema / goo
オフィシャルサイト →http://watchmen-movie.jp/

This city is afraid of me. I've seen its true face.
知ってはならない、真実がある──。
◆あらすじ
かつて、“ウォッチメン”と呼ばれる者たちがいた。彼らは<監視者>となって世界の重大事件に関わり、人々を見守り続けてきた。だが1977年、政府の施 行したキーン条例によりその活動を禁止され、ある者は一線を退き、ある者は密かに活動を続けていくことに。1985年、未だニクソン大統領が権力を振る い、ソ連との核戦争に陥りかねない緊張状態にあるアメリカ。10月、ニューヨークの高層マンションからエドワード・ブレイクという名の男が突き落とされ、 無惨に殺された。そして、そのそばには血の付いたスマイルバッジが。スマイルバッジは、かつてブレイクがスーパーヒーロー“コメディアン”として活躍して いたときのトレードマークだった。現場に現われた“顔のない男”ロールシャッハは、事件の背後に陰謀の臭いを嗅ぎとり、すぐさま“ウォッチメン”と呼ばれ たかつての仲間たちの周辺を独自に調べ始めるのだったが…。

ファーストデイで1000円だったので見てきた。

正直に言おう、なんなんだこの映画は。意味不明。
ミステリーと言うにはハラハラドキドキ具合が足りないし
アクションと言うにはアクションシーンに欠けるし。
アクションと言える派手なアクションシーンは
刑務所に2人が乗り込むシーンくらい。あのシーンだけは楽しんだ。

私はあまり楽しめなかった。
男性、監督のファン、もしくは原作を読んだ人なら楽しめるのかも。
アメコミ的なぶっ飛んだ話が嫌いな人は目も当てられないと思う。

映像は綺麗だなぁと思ったけど、それ以上でもそれ以下でもなく。
正義とか悪とか邪道な正義とか、そういうヒロイズムの話なんだろうけど
どうにもこうにもストーリーが分かりにくかった。
163分はいくらなんでも長い。

ロールシャッハはいい味出してた。
ローリーはナイスプロポーション、だがしかしビッチ。
Dr.マンハッタンはブルーマンにしか見えなかった。全裸に吹いた。


(c) 2008 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved. WATCHMEN and all related characters and elements aretrademarks of and (c) DC Comics.Smiley Face Logo: TM Smileyworld, Ltd.

IMDbを見てもRotten Tomatoesを見ても評価はいいし、
他のブログを見てても好評なので
私のテイストではなかったということなのかもしれない。
これから映画を見に行く人は、是非予習してから行くことをオススメしたい。


WATCHMEN Japanese Trailer (ウォッチメン予告編)



movie(sci-fi) | コメント:0 | TB:6 | |

マンマ・ミーア!

マンマ・ミーア! (2008)

Director : フィリダ・ロイド
Cast : メリル・ストリープ、アマンダ・セイフライド、
Genre : ミュージカル/コメディ
Runtime : 108分
配給 :東宝
参考リンク → allcinema / goo

どんなことがあっても、笑っていよう。
自分の人生がもっと好きになる。

◆あらすじ
ギリシャの美しいリゾート地、カロカイリ島。小さなホテルを営む母ドナと2人暮らしのソフィは、恋人スカイとの結婚式をいよいよ明日に控えていた。またそんな彼女には、“父親と結婚式のヴァージン・ロードを歩きたい”という密かな夢があった。しかし、母子家庭で育ったソフィは未だに父親が誰なのかを知らな い。そこで母の昔の日記から、父親であろう3人の男性、建築家のサム、銀行マンのハリー、冒険家のビルを探り当て、ドナに内緒で結婚式の招待状を送ってし まっていた。やがて、道中鉢合わせた3人が揃って到着。ソフィは結婚式のサプライズのため、ドナの目が届かない場所に彼らを匿うことに。ところが、ドナが 偶然3人を目撃してしまったことを機に、様々な問題が湧き起こっていく…。



日本人にはないテンション。楽しそうで羨ましかった。

思わぬ展開にニヤニヤ。幸せな気分が伝染した。
思わず一緒に歌ったり踊ったりしなくなる作品。
ABBAとミュージカルが好きなら見て損はないはず。

ギリシャに行ってみたくなった。

マンマ・ミーア!-ザ・ムーヴィー・サウンドトラック

movie(musical) | コメント:0 | TB:2 | |

20世紀少年−第2章−最後の希望

20世紀少年−第2章−最後の希望 (2009)

Director : 堤幸彦
Cast : 豊川悦司、常盤貴子、平愛梨、香川照之
Genre : サスペンス/ドラマ
Runtime : 139分
配給 :東宝
参考リンク → allcinema / goo

さあ、みんな“つづき”を始めよう──。
◆あらすじ
西暦2015年。2000年に起こった「血の大晦日」は、ケンヂたちが行ったものとされ、それを阻止した“ともだち”は世界の救世主として崇められていた。ケンヂの姪、カンナは高校生に成長し、学校で習う「血の大晦日」に憤りを感じていた。そんなカンナは学校で問題児扱いされ、「ともだちランド」に送られることに。それは、社会のルールからはみ出した人間を洗脳する施設だった。
期待して行った&第1章が面白かっただけに
2章は物足りず消化不良。
予告編が上手くできすぎてるのも問題だと思う。



カンナのわざとらしすぎる演技に萎え、
常盤貴子のわざとらしい演技に萎え、
常盤貴子のわざとらしい老けメイクに萎え、とにかく萎えた。
「オジチャン、早ク帰ッテキテ!」片言か!と突っ込みたかった。

定清が一瞬で死にすぎ。山根も一瞬で死にすぎ。
説明を端折りすぎて納得できないことが多数。
定清はもっと重要な役だったはずですよね?



同時進行の物語を説明するのに暗転を多用しすぎてて
話が細切れで分かり難かった。ただでさえ説明不足なのに。
特に盛り上がるシーンもなく、ドキドキするシーンもなく。
全体的に盛り上がりに欠けた。無駄に長い。

春波男は良かったと思うw ハローハローエブリバディ〜♪
「ケーンジくん、遊びましょ」の次は
「バッハハ〜イ」が耳から離れない。



「絶交許可お願いします!」「サンキュー!」のシーンが
あまりにも秀逸だったので家で真似して遊んでます。
小池栄子のテンションに笑った。

最終章に期待。

映画「20世紀少年」オリジナル・サウンドトラック Vol.2 20世紀少年 第2章 ピンバッジセット(ロゴ)

movie(drama) | コメント:3 | TB:0 | |

ストレンジャー(ネタバレ)

Never Talk to Strangers (1995)
Director : ピーター・ホール
Cast : レベッカ・デモーネイ 、アントニオ・バンデラス
Genre : サスペンス
Runtime : 86分
配給 :TriStar Pictures
参考リンク → IMDb / allcinema / goo

In A World Where Love Isn't Always Safe,
Trust Can Be Deadly.

抱かれるたびに、事件が起こるーー。


◆あらすじ
犯罪心理学者サラは、多重人格の疑いがある連続レイプ殺人犯の精神鑑定を行っていた。ある日、サラはトニーというハンサムな男から声をかけられ、初めは用心したが結局彼に電話番号を教えてしまう。二人の関係はいい形で発展していくように見えたが、時を同じくしてサラの身辺に不審な事件が起こり始める。ただならぬ恐怖を感じたサラは私立探偵を雇う…。


久しぶりに映画を見ました;
と言っても、深夜にテレビをつけたらたまたまやっていた
というだけなのですが。。
途中から見たので、後半部分のみのレビューですorz



ホラー系の怖いものは見れなくて、サスペンス系の怖いものも
あまり1人で見たくはないのですが(それも深夜)
続きが気になったのと、俳優のバンデラス氏が
あまりにもセクシーだったため、ついつい最後まで見てしまいました。

ネタバレなあらすじはgooを参照して頂くとして、結末は意外でした。
ハリウッド映画でありがちな、
主人公同士でhappily ever afterなんだと思ってたのに
まさかサラがトニーを撃ち殺すとは・・・。
ついでに父親も撃ち殺して、正当防衛に見せかけるとは。恐るべし。
トニーは彼女の二重人格に気付いてた・・・んでしょうね、きっと。

主人公が多重人格(現在の病名は解離性同一性障害)っていうのは
二次元の世界ではちょっとありきたりなオチだったかなぁという気もします。
でも、ビビリの私はエンディングまで十分ドキドキさせられました。

何度か画面に映るサラを付け狙う犯人の靴、これが重要な伏線でした。
気付いても気付かなくても楽しめるのは
amazonのレビューの通り。

猫を飼っているだけに、猫の死体はあまりにも衝撃的でした。
私が彼女なら失神したと思います。

そういえば、トニーが探すよう依頼を受けていた
サラの元夫っていうのはどうなったんだろう?
彼もサラに殺されてしまったんだろうか?



キャッチコピーの“抱かれる度に事件が起こる”っていうのは
トラウマがある表の彼女は男性が苦手で、抱かれるのは無理。
裏の彼女は男性が平気、抱かれるのも平気。
ということで、抱かれることがきっかけで人格が入れ替わってた
ということなのだと勝手に理解しました。

ストレンジャー [DVD]

movie(thriller) | コメント:0 | TB:0 | |


▲Page top