Information
トラックバックに関して
トラバ返しはしますが、基本的にコメントはしません。トラックバックは承認後に公開されます。スパムがあまりにも多いため言及URLがない場合は自動的にTBを拒否します。記事に関係のないトラックバックは削除します。

コメントに関して
スパム防止のためコメント記入後に画像認証があります。コメントを投稿する際はハンドルネームで結構ですので、お名前をご記入下さい。記事に関係のないコメントは削除させて頂きます。

Latest entries
Categories
Recent trackback
Recent comment
Archives
Links
Others
smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Search this site.
Profile
しぃ ♀ モラトリアム中
好きな映画のジャンルはロマンスとファンタジー。ときどき本やレストランのレビューも書いたりします。

このブログについてTwitterに書く
Booklog
etc...
R S S T I M E S フィードメーター - RE:ねこのうたたね
Donation


The Hunger Site
最近読んだ本
しぃの最近読んだ本
with Ajax Amazon
Recommend


Recommend
黒執事 1 (1) 夏目友人帳 1 【通常盤】 [DVD] よつばと! (1) (電撃コミックス) 夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫) まどからおくりもの (五味太郎・しかけ絵本 (3)) オペラ座の怪人 [Blu-ray] アジアンタムブルー ペネロピ [DVD] 魔法にかけられて 2-Disc・スペシャル・エディション [DVD] ヴァージン・スーサイズ ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション ニューヨークの恋人 死神の精度 (文春文庫) オーデュボンの祈り (新潮文庫) ユージュアル・サスペクツ きみに読む物語 スタンダード・エディション スプートニクの恋人 (講談社文庫) 冷静と情熱のあいだ―Rosso (角川文庫)
sponsored links
みんなのブログポータル JUGEM
<< ストレンジャー(ネタバレ) | main | マンマ・ミーア! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | コメント:0 | TB:0 | |

20世紀少年−第2章−最後の希望

20世紀少年−第2章−最後の希望 (2009)

Director : 堤幸彦
Cast : 豊川悦司、常盤貴子、平愛梨、香川照之
Genre : サスペンス/ドラマ
Runtime : 139分
配給 :東宝
参考リンク → allcinema / goo

さあ、みんな“つづき”を始めよう──。
◆あらすじ
西暦2015年。2000年に起こった「血の大晦日」は、ケンヂたちが行ったものとされ、それを阻止した“ともだち”は世界の救世主として崇められていた。ケンヂの姪、カンナは高校生に成長し、学校で習う「血の大晦日」に憤りを感じていた。そんなカンナは学校で問題児扱いされ、「ともだちランド」に送られることに。それは、社会のルールからはみ出した人間を洗脳する施設だった。
期待して行った&第1章が面白かっただけに
2章は物足りず消化不良。
予告編が上手くできすぎてるのも問題だと思う。



カンナのわざとらしすぎる演技に萎え、
常盤貴子のわざとらしい演技に萎え、
常盤貴子のわざとらしい老けメイクに萎え、とにかく萎えた。
「オジチャン、早ク帰ッテキテ!」片言か!と突っ込みたかった。

定清が一瞬で死にすぎ。山根も一瞬で死にすぎ。
説明を端折りすぎて納得できないことが多数。
定清はもっと重要な役だったはずですよね?



同時進行の物語を説明するのに暗転を多用しすぎてて
話が細切れで分かり難かった。ただでさえ説明不足なのに。
特に盛り上がるシーンもなく、ドキドキするシーンもなく。
全体的に盛り上がりに欠けた。無駄に長い。

春波男は良かったと思うw ハローハローエブリバディ〜♪
「ケーンジくん、遊びましょ」の次は
「バッハハ〜イ」が耳から離れない。



「絶交許可お願いします!」「サンキュー!」のシーンが
あまりにも秀逸だったので家で真似して遊んでます。
小池栄子のテンションに笑った。

最終章に期待。

映画「20世紀少年」オリジナル・サウンドトラック Vol.2 20世紀少年 第2章 ピンバッジセット(ロゴ)

movie(drama) | コメント:3 | TB:0 | |

スポンサーサイト

- | コメント:0 | TB:0 | |

comment
bulz-i, 2009/03/22 12:31 AM

映画が端折り過ぎとの御指摘ですが原作もそうです。と云うか、エピソードが全部、起承転結の起だけで終わったり、唐突に結だけ出てきたり、起から承転(経緯)を抜かして結に飛ぶものだから全然整合性がとれなかったりで、違う映画何十本分の予告編だけ集めてシャッフルして作ったような作品なんでストレス溜りっぱなしになりますよ。原作も最初の何卷かまでは面白いのですが、途中からグズグズでダラダラで最後は収拾が付かなくてウッチャリで逃げちゃった感じです。映画は原作とストーリを変えると聞いてますので(と云うか変えざるを得ないでしょうね)合理性のある結末になって欲しいものです。

りこ, 2009/04/02 5:30 PM

さだきよは、死んだわけではありません。3章にも登場するでしょう。ただかなりの重症を負っているのと、さらに命を狙われることでしょう。

しぃ, 2009/04/10 1:30 AM

>bulz-iさん、りこさん
原作が未読でしたので、以上のようなレビューになっています。
原作を読んでもスッキリはしなかったので
映画があのようになったのもある意味納得です。
オリジナルのエンディングに期待したいと思っています。

leave a comment
 
 
trackback
url: 
トラックバックは承認後に公開されます。


▲Page top