Information
トラックバックに関して
トラバ返しはしますが、基本的にコメントはしません。トラックバックは承認後に公開されます。スパムがあまりにも多いため言及URLがない場合は自動的にTBを拒否します。記事に関係のないトラックバックは削除します。

コメントに関して
スパム防止のためコメント記入後に画像認証があります。コメントを投稿する際はハンドルネームで結構ですので、お名前をご記入下さい。記事に関係のないコメントは削除させて頂きます。

Latest entries
Categories
Recent trackback
Recent comment
Archives
Links
Others
smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Search this site.
Profile
しぃ ♀ モラトリアム中
好きな映画のジャンルはロマンスとファンタジー。ときどき本やレストランのレビューも書いたりします。

このブログについてTwitterに書く
Booklog
etc...
R S S T I M E S フィードメーター - RE:ねこのうたたね
Donation


The Hunger Site
最近読んだ本
しぃの最近読んだ本
with Ajax Amazon
Recommend


Recommend
黒執事 1 (1) 夏目友人帳 1 【通常盤】 [DVD] よつばと! (1) (電撃コミックス) 夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫) まどからおくりもの (五味太郎・しかけ絵本 (3)) オペラ座の怪人 [Blu-ray] アジアンタムブルー ペネロピ [DVD] 魔法にかけられて 2-Disc・スペシャル・エディション [DVD] ヴァージン・スーサイズ ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション ニューヨークの恋人 死神の精度 (文春文庫) オーデュボンの祈り (新潮文庫) ユージュアル・サスペクツ きみに読む物語 スタンダード・エディション スプートニクの恋人 (講談社文庫) 冷静と情熱のあいだ―Rosso (角川文庫)
sponsored links
みんなのブログポータル JUGEM
<< ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 | main | ホテル・ルワンダ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | コメント:0 | TB:0 | |

マリー・アントワネット

Marie Antoinette (2006)
Director : ソフィア・コッポラ
Cast : キルステン・ダンスト, ジェイソン・シュワルツマン, リップ・トーン
Genre : Biography | Drama | History
Runtime : 123分
配給 : 東宝東和=東北新社
参考リンク → allcinema / IMDb / goo

恋をした、朝まで遊んだ、全世界に見つめられながら。


◆あらすじ
14歳のオーストリア皇女アントワーヌは、母マリア・テレジアの意向によりフランス王太子のもとへと嫁ぐことに。フランスへ渡り、王太子妃マリー・アントワネットとして、ヴェルサイユ宮殿での結婚生活に胸をふくらませるマリーだったが、その実態は朝から晩まで大勢のとりまきに監視され、悪意に満ちた陰口に傷つく日々だった。さらに、15歳の夫ルイはまるで彼女に興味を示さず、世継ぎを求める声がプレッシャーとなってマリーにのしかかる。そんな孤独や不安を紛らわそうと、おしゃれや遊びに夢中になり贅沢三昧を繰り返すマリーだったが…。


ソフィア・コッポラ監督の作品。
バージン・スーサイズを見てたので
なんでこんな作品になったのか納得。
監督を知らない人には??な映画なはず。

私は好き。だけど、見る人が見れば
きっと退屈でつまらない。
で、結局なんなの?ってなるんでしょう。

とにかく映像が綺麗。
そして、キルスティン・ダンストが可愛い。
分かりやすく言えば、ウディ・アレンと
スカーレット・ヨハンソンのような組み合わせ。

バージン・スーサイズと同じで
中身云々よりも、雰囲気を楽しめるかどうか。
色とか映像とか音楽とか。

ストーリー性は薄いと思った。
どちらかと言えばバージン・スーサイズのほうが好き。
でも、この映画の色使い、衣装、小物、セット
全部好き。女の子なら憧れる。

1つ言えるのは、何もマリー・アントワネットだけが
悪かったんじゃないってこと。彼女は
「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」
なんて言ってないんだし。

贅沢三昧な日々は見てて楽しかったけど、
それ以上に、最後の質素な生活がすごく印象に残った。

マリー・アントワネット (通常版)マリー・アントワネット (通常版)
ソフィア・コッポラ

東北新社 2007-07-19
売り上げランキング : 1695
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

movie(drama) | コメント:0 | TB:1 | |

スポンサーサイト

- | コメント:0 | TB:0 | |

comment
leave a comment
 
 
trackback
url: 
トラックバックは承認後に公開されます。

シネマポスト, 2009/08/23 11:05 AM

歴史上の人物というのは知っているようで知らないことが多い。誰が何年に何をしたという客観的な事実から、勝手に人間性を想像していたりする。英雄も独裁者もみんな人間、たぶん普通のことを普通に悩んでいたりするんじゃないかと思う。 稀代の浪費癖によってフランス


▲Page top