Information
トラックバックに関して
トラバ返しはしますが、基本的にコメントはしません。トラックバックは承認後に公開されます。スパムがあまりにも多いため言及URLがない場合は自動的にTBを拒否します。記事に関係のないトラックバックは削除します。

コメントに関して
スパム防止のためコメント記入後に画像認証があります。コメントを投稿する際はハンドルネームで結構ですので、お名前をご記入下さい。記事に関係のないコメントは削除させて頂きます。

Latest entries
Categories
Recent trackback
Recent comment
Archives
Links
Others
smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Search this site.
Profile
しぃ ♀ モラトリアム中
好きな映画のジャンルはロマンスとファンタジー。ときどき本やレストランのレビューも書いたりします。

このブログについてTwitterに書く
Booklog
etc...
R S S T I M E S フィードメーター - RE:ねこのうたたね
Donation


The Hunger Site
最近読んだ本
しぃの最近読んだ本
with Ajax Amazon
Recommend


Recommend
黒執事 1 (1) 夏目友人帳 1 【通常盤】 [DVD] よつばと! (1) (電撃コミックス) 夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫) まどからおくりもの (五味太郎・しかけ絵本 (3)) オペラ座の怪人 [Blu-ray] アジアンタムブルー ペネロピ [DVD] 魔法にかけられて 2-Disc・スペシャル・エディション [DVD] ヴァージン・スーサイズ ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション ニューヨークの恋人 死神の精度 (文春文庫) オーデュボンの祈り (新潮文庫) ユージュアル・サスペクツ きみに読む物語 スタンダード・エディション スプートニクの恋人 (講談社文庫) 冷静と情熱のあいだ―Rosso (角川文庫)
sponsored links
みんなのブログポータル JUGEM
<< M:i-3 ミッション:インポッシブル3(ネタバレ) | main | 四日間の奇蹟(ネタバレ) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | コメント:0 | TB:0 | |

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド(ネタバレ)

Pirates of the Caribbean: At World's End (2007)

Director : Gore Verbinski
Genre : Action / Adventure / Comedy / Fantasy
Runtime : 168 min
Cast : Johnny Depp, Geoffrey Rush, Orlando Bloom,
    Keira Knightley, Jack Davenport
Company : Jerry Bruckheimer Films
参考リンク → IMDb

At the End of the World, the Adventure Begins


━━━━ あらすじ ━━━━
ついに海賊の時代は、終わりを告げようとしていた。世界制覇をもくろむ東インド貿易会社のベケット卿は、デイヴィ・ジョーンズの心臓を手に入れ、彼と最強のフライング・ダッチマン号を操り、海賊達を次々と葬っていく。いまや海賊達が生き残る道はただ一つ。9人の“伝説の海賊”を召集し、世界中の海賊達を蜂起させ一大決戦を挑むのみだった。だが、鍵を握る9人目の人物こそ、ジャック・スパロウ、その人だった……。舞台はカリブ海からアジア、そして前人未到の “世界の果て(ワールド・エンド)”へ。滅亡の危機に追い込まれた海賊達は、世界各地の海を治める“伝説の海賊”たちの名のもとに集結し、海賊史上類のない、最初にして最後の決戦のために立ち上がる。自由を愛するジャック・スパロウ、海賊の魂を持つ令嬢エリザベス・スワン、海賊の血をひく情熱家ウィル・ターナー、あの愛すべきヒーローたちが壮大なる3部作のクライマックスに向けて、ついに最後の冒険へと旅立つ。



公開初日、パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド を見てきた。諸事情により15時からの回だったけど。1の『呪われた海賊たち』は見たけど、2の『デッドマンズ・チェスト』は見てなかった。話が分からないんじゃないの?という突っ込みは敢えて無視して見てみた。

3時間近い作品だった為に、途中からトイレに行きたくて仕方なかった。途中でよっぽど立ってトイレに行こうかと思ったけど、席が混みあっていて中央しか取れなかったので、残念ながら途中で立つことはできなかった。ということで、きっと3分の1を過ぎた頃から気もそぞろで映画を見てたと思う。しかも、2を見てなかったら若干話が分からなかったw

んー・・・これは・・・正直に感想を述べると・・・人間関係を複雑にしすぎてて、最早なにが何なのかよく分からなかった。しかも、撮影の仕方というか、スクリーンの使い方が明らかに1の頃と違う気がした。映画よりも写真にしたほうが綺麗そうなカットがいくつもあった。映像にするにはちょっと退屈なんじゃないかなぁと個人的に思った。あと、抽象的なシーンが多々あった。うん。

途中でジャックが(映像で)たくさん出てきて、よく分からなかった。あんなに大きいのとか小さいのとか、たくさん出してる意義がよく分からなかった。ジョニー・デップ本人は色々やってて面白そうだったけど、自問自答のシーンは要らなかったと思う。。

今回のは話が支離滅裂だった。“話を無理矢理広げただろ”って突っ込みたかった。3時間っていう時間も話が込み入りすぎて3時間になったというよりは、行き当たりばったりでストーリーを作ってたら3時間になっちゃったって感じだった。ウィル・ターナーに関しても、1からわざわざ伏線を張ってたというよりは、オチを作るためにフライング・ダッチマンの船長になったって感じだったし。。

面白かったのは、東インド貿易会社のベケット卿が完全に悪だったこと。あれは見てて本当に苛々した。良かったことは、ジャック・スパロウのお父さんが見れたことと、エリザベス・スワンの脚が綺麗だったこと。ベケット卿には苛々しただけに、最後の死にっぷりは良かった。絶望しましたーって顔が素敵だったw

ちょっと面白かったのは、「あーい」っていう海賊式(?)の返事。英語だとai, aie, aieeと書くらしい。NZでよく使ってた「えい」(aye, ay)っていうのに似てた。1では気付かなかったなぁ。エリザベスの上流階級英語も聞いてて面白かった。最後のほうはそういうハイソな雰囲気は捨ててたし。

要するに、1と2のほうが面白かったと思う。1はTDLのアトラクションのシーンが出てたから、それなりに子供向けとしても楽しめたと思うし、2はちょっとハラハラドキドキなアクションっぽい展開で良かったと思う。3 はジョニー・デップの出番も少なかったし、話がぐちゃちゃぐちゃだった。

チョウ・ユンファ演じるサオ・フェン(張保仔)は、同名の香港周辺を根城にしていた実在の中国清朝の海賊をモデルにしている、らしい。実在してたとは。。すごいなぁ。1日だけなら海賊になってみたい気もする。

movie(action) | コメント:0 | TB:1 | |

スポンサーサイト

- | コメント:0 | TB:0 | |

comment
leave a comment
 
 
trackback
url: 
トラックバックは承認後に公開されます。

映画、言いたい放題!, 2008/03/02 1:47 AM

2作目 には本当にがっかりさせられたのですが、 一応見届けなくてはね。(笑) DVDで観賞。 東インド貿易会社のベケット卿は、 “深海の悪霊”デイヴィ・ジョーンズの心臓を手に入れ、 彼と手を組んで、海賊達を次々と葬っていく。 追い詰められた海賊達は 9人


▲Page top