Information
トラックバックに関して
トラバ返しはしますが、基本的にコメントはしません。トラックバックは承認後に公開されます。スパムがあまりにも多いため言及URLがない場合は自動的にTBを拒否します。記事に関係のないトラックバックは削除します。

コメントに関して
スパム防止のためコメント記入後に画像認証があります。コメントを投稿する際はハンドルネームで結構ですので、お名前をご記入下さい。記事に関係のないコメントは削除させて頂きます。

Latest entries
Categories
Recent trackback
Recent comment
Archives
Links
Others
smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Search this site.
Profile
しぃ ♀ モラトリアム中
好きな映画のジャンルはロマンスとファンタジー。ときどき本やレストランのレビューも書いたりします。

このブログについてTwitterに書く
Booklog
etc...
R S S T I M E S フィードメーター - RE:ねこのうたたね
Donation


The Hunger Site
最近読んだ本
しぃの最近読んだ本
with Ajax Amazon
Recommend


Recommend
黒執事 1 (1) 夏目友人帳 1 【通常盤】 [DVD] よつばと! (1) (電撃コミックス) 夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫) まどからおくりもの (五味太郎・しかけ絵本 (3)) オペラ座の怪人 [Blu-ray] アジアンタムブルー ペネロピ [DVD] 魔法にかけられて 2-Disc・スペシャル・エディション [DVD] ヴァージン・スーサイズ ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション ニューヨークの恋人 死神の精度 (文春文庫) オーデュボンの祈り (新潮文庫) ユージュアル・サスペクツ きみに読む物語 スタンダード・エディション スプートニクの恋人 (講談社文庫) 冷静と情熱のあいだ―Rosso (角川文庫)
sponsored links
みんなのブログポータル JUGEM
<< 魔法にかけられて | main | 夜のピクニック / 恩田陸 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | コメント:0 | TB:0 | |

ジェイン・オースティンの読書会(ネタバレ)

The Jane Austen Book Club (2007)
Director : Robin Swicord
Cast : Maria Bello, Emily Blunt, Kathy Baker, Amy Brenneman
Genre : Drama / Romance
Runtime : 105分
Company : Mockingbird Pictures
(日本国内配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
参考リンク → IMDb / allcinema / Cinema Topics Online / goo
『ジェイン・オースティンの読書会』公式サイト

You don't have to know the books to be in the club.
ワインとおしゃべり、時々 恋──それが女たちの読書会。


◆あらすじ
人生は思うようにいかない。エネルギッシュで魅力的なのに恋ができなかったり、幸せだったはずの結婚生活が突然崩壊したり、新婚なのに高校生に心惹かれてしまったり…。そんな悩みを抱える、年齢も好みも様々な6人が、ジェイン・オースティンの読書会を始める。月に1度、ワインや料理を持ち寄って誰かの家に集まり、それぞれが直面する恋、結婚、友情の問題が、オースティンの小説に重ね合わせて語られる…。


試写会@新橋ヤクルトホール。初めて行った。意外と小さかった。
女性率が高かった。映画の内容のせいなのか、30代くらいの人が多かった。
私と弟は若干浮いてたような、そうでもなかったような。。

あまり期待はしてなかった。
試写会が当たらなかったら見なかったであろう作品。

6人のメンバーの6通りの恋。
登場人物がユニーク、だけどどこか自分と重なるところがあって、、、
女性は感情移入しやすい映画だったと思う。

離婚暦6回、それでもまた結婚してみたいというバーナデット。
愛犬を亡くして犬の葬式まで開いたジョスリン。
20年も連れ添った夫から“他に好きな人ができた”と告げられたシルヴィア。
趣味の合わない夫より高校生に心惹かれる高校教師プルーディー。
同性愛者でなかなか恋がうまくいかない、シルヴィアの娘アレグラ。
唯一の男性にしてオースティン初体験のSF大好き青年グリッグ。

登場人物それぞれの心の揺れがうまく描かれてた。
最後は全員が幸せになる、いわゆるハッピーエンディング。
見終わったあとに温かくて幸せな気持ちになれること受け合い。



シルヴィアの娘、アレグラ(マギー・グレイス)の恋が面白かった。
なんとも情熱的。ある意味、破壊的でもあったけど。。
大好きだったかと思えば、次の瞬間には世界で一番大嫌いになってる。
最後にドクターと読書会に来たのは笑った。“手が早い”とは正にあのこと。

結婚っていうと幸せなものだっていう気もするけど、
こんな現実もあるんだよなーと思わされた。
と同時に、こんな夫婦の絆っていいね、と思わせてくれる映画だった。

女性は映画を見ながら“男はどうしてこんなに身勝手なんだ!”と腹を立て、
登場人物の女性たちに共感するんだろう。
男性は男性で“女はどうしてこうも理解しがたい行動をするんだろう”とか
“なんでこんなにヒステリックなんだろう”と思うんだろう。

この映画を見てると、支え合って生きていくことって大変なんだぁと思う。
結婚って、全然おとぎ話じゃなくて、リアルでシビアだ。

この作品の欠点としては、経済面にリアリティがなかったこと。
ハガキに“いまアメリカのミドルクラスでは読書会が大流行!”
って書いてあったから、描いてるのは中流階級の家庭なんだと思う。
みんな精神的ショックは受けていても、経済面ではなんの心配もしてなかったし。

この映画を見てると、ジェイン・オースティンが読みたくなる。
1作でも読んでると、映画の見方も変わるのかもしれない。

女性にオススメ。男性でも十分楽しめると思う。
中学生男子が楽しんでたくらいだからw

Thanks : CinemaCafe.net

◆メンバー探し
 オースティンの長編小説は6冊。1冊ごとにリーダーを決めるのが読書会のお約束、メンバーは6人だ。「オースティン映画祭」で、バーナデットは4人目を見つける。独自の解釈でオースティンを熱愛するプルーディー(エミリー・ブラント)、高校のフランス語教師で、趣味の合わない夫(マーク・ブルカス)より、教え子のトレイ(ケヴィン・ゼガーズ)にときめいている。
 シルヴィアの娘アレグラ(マギー・グレイス)も巻き込み、最後はジョスリンが、唯一の男性にしてオースティン初体験者を連れてきた。シルヴィアの相手にと目をつけられた彼の名はグリッグ(ヒュー・ダンシー)、熱狂的なSFファンの青年だ。
 担当を決める初顔合わせも終わり、いよいよ読書会が幕を開ける──。

◆2月「エマ」
 第1回は、ジョスリンの家。近所のスーパーで、恋人連れのダニエルと鉢合わせしたシルヴィアは、落ち込んでいた。もうずっと昔の話だが、シルヴィアにダニエルを紹介したのは、ジョスリンだった。縁結びが大好きな主人公のエマは、シルヴィアにそのことを思い出させ、動揺させる。
 他人の意見を受け入れないプルーディーにアレグラが反感を抱く。彼女のオースティンを「ジェイン」と友達のように呼ぶ態度も不評だ。なにやら初回から、普通の読書会とは違う不穏な空気が漂っていた。


◆3月「マンスフィールド・パーク」
 パリ旅行をキャンセルしてNBA観戦に旅立つ夫、だらしない母親(リン・レッドグレーヴ)、大胆に誘惑してくるトレイ──プルーディーの心は分刻みで揺れていた。ジョスリンに一目ぼれしたから参加した、というのが真相のグリッグは、シルヴィアを誘えと煽る彼女に戸惑う。シルヴィアは正式な離婚手続きを終え、同性愛を公言するアレグラには新しい恋人ができる。
 そんななかで開かれた第2回。耐え忍ぶばかりの主人公ファニーに批判が集中するが、他の女にのぼせていた男を一途に思っていたと援護するシルヴィアは、またもや自分の姿と重なって心を乱すのだった。


◆4月「ノーサンガー・アビー」
 ソファ選びを口実に、グリッグはジョスリンとの初デートに成功する。亡き父の影響で好きになったSF小説の素晴らしさを熱く語るグリッグ。彼の純粋さに心を動かされたジョスリンは、全く興味のないル・グィンを読んでみると約束する。シルヴィアはというと、急にやって来たダニエルに驚かされる。芝刈りとシャワーの修理をしたいという彼の申し出は、もちろん拒絶される。
 第3回は、グリッグの家。母親が事故で急死したプルーディーは欠席だ。久しぶりに美しく着飾ったシルヴィアと楽しげに語り合うグリッグを見て、喜ぶはずのジョスリンの胸中は穏やかではなかった。


◆5月「自負と偏見」
 第4回は、図書館のディナー会。徐々にメンバーの本音があらわになる。登場人物の誰かが自分と重なり、本について語るつもりが、自分の悩みを語っているのだ。
 遅刻したグリッグとジョスリンは、道を急ぎながら口論する。ジョスリンへの想いを打ち明け、シルヴィアと結び付けようとする傲慢さを非難するグリッグ。夫に付き添われて現れたプルーディーは、母親の死のショックから、皆の前で酔っ払って取り乱してしまう。


◆6月「分別と多感」
 スカイダイビングやロッククライミングなど、危険なエクストリームスポーツが大好きでケガが絶えないアレグラが入院、駆けつけたシルヴィアとダニエルは、家族の絆を再確認する。
 ジョスリンへの恋心を募らせるグリッグは、傷つくことを恐れて拒絶する彼女に怒りを抱く。アレグラの病室で開かれた第5回は、登場人物たちの入り組んだ人間関係を借りて、グリッグとジョスリンが想いをぶつけ合う緊張感あふれる会になる。


◆7月「説得」
 遂に迎えた最終回は、「説得」で描かれるイギリスの海岸町ライムへの小旅行にちなんで、海岸で開かれる。読書会を夫への口実にトレイに会いに行ったプルーディーは担当にもかかわらず遅刻、グリッグは女連れで来ると宣言、「最後で幸い」「少々もつれすぎね」という事態になるが、さらに海岸にはダニエルも現れた……。

movie(drama) | コメント:0 | TB:9 | |

スポンサーサイト

- | コメント:0 | TB:0 | |

comment
leave a comment
 
 
trackback
url: 
トラックバックは承認後に公開されます。

epiphany, 2008/04/13 1:14 PM

【邦題】ジェイン・オースティンの読書会 【あらすじ】離婚歴6回を誇る女性バーナデットは、愛犬を亡くして落ち込む友人、ジョスリンを励...

cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー, 2008/04/16 8:54 AM

よーく考えてみたら、4月になってこれが初めての劇場鑑賞作品です。 やっぱ3月のハイペースがたたったかw。 4月で一番観たい作品だった『ジェイン・オースティンの読書会』を観に、渋谷のBunkamuraル・シネマに行ってきました。 仕事が17時過ぎには終わってたんで、

My Favorite Things, 2008/05/05 10:18 PM

観たい作品はすべて時間が合わず、でもステキな作品に出会いました。

茶和茶和ブログ, 2008/05/06 12:15 AM

アメリカの女性の間で、読書会がブームだとか。20年ほど前、インターネットが一般に普及し始めた頃、村上龍がホストをつとめるトーク番組で、「活字文化に変化は起こるか? 本という形態は、衰退するのか、生き残れると思うか?」と、ゲストの山田詠美に尋ね、彼女が「

ハピネス道, 2008/05/06 11:27 AM

JUGEMテーマ:映画 観終わってから原作本が読んでみたくなるって、結構珍しい事かも。 今、アメリカでは“読書会”が空前のブームで ミドルクラスの女性の3人に1人が参加しているらしい…。 この本のことはそんな話題とともに新聞の書評欄などで目にしてい

soramove, 2008/05/06 9:31 PM

「ジェイン・オースティンの読書会」★★★☆オススメ キャシー・ベイカー、マリア・ベロ、エミリー・ブラント、エイミー・ブレネマン、ヒュー・ダンシー主演 ロビン・スウィコード監督、2007年、アメリカ、105分 友人の離婚の悲しみを和らげてあげようと 本

          , 2008/05/25 9:01 PM

JUGEMテーマ:映画 5月20日(火)◆811日目◆ 朝から台風。 なので、少し早めの電車に乗り通勤。 おかげで電車の遅れには遭わずにすんだ。 その台風もいつの間にかに止み、 いつも通り午後6時には終業。 この日は渋谷へ。 『ジェイン・オースティンの

eclipse的な独り言, 2008/06/25 5:06 AM

サントムーンの二本目です。地味ですがいい映画でした。(6月22日 清水町 サント

サーカスな日々, 2008/12/13 4:32 PM

『高慢と偏見』などの小説で知られるジェイン・オースティンの作品に、読書会のメンバー6人の人生を描き込んだヒューマンドラマ。全米ベストセラーとなった小説を基に、『SAYURI』の脚本家ロビン・スウィコードが初メガホンを取った。『プラダを着た悪魔』のエミリー・


▲Page top