Information
トラックバックに関して
トラバ返しはしますが、基本的にコメントはしません。トラックバックは承認後に公開されます。スパムがあまりにも多いため言及URLがない場合は自動的にTBを拒否します。記事に関係のないトラックバックは削除します。

コメントに関して
スパム防止のためコメント記入後に画像認証があります。コメントを投稿する際はハンドルネームで結構ですので、お名前をご記入下さい。記事に関係のないコメントは削除させて頂きます。

Latest entries
Categories
Recent trackback
Recent comment
Archives
Links
Others
smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Search this site.
Profile
しぃ ♀ モラトリアム中
好きな映画のジャンルはロマンスとファンタジー。ときどき本やレストランのレビューも書いたりします。

このブログについてTwitterに書く
Booklog
etc...
R S S T I M E S フィードメーター - RE:ねこのうたたね
Donation


The Hunger Site
最近読んだ本
しぃの最近読んだ本
with Ajax Amazon
Recommend


Recommend
黒執事 1 (1) 夏目友人帳 1 【通常盤】 [DVD] よつばと! (1) (電撃コミックス) 夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫) まどからおくりもの (五味太郎・しかけ絵本 (3)) オペラ座の怪人 [Blu-ray] アジアンタムブルー ペネロピ [DVD] 魔法にかけられて 2-Disc・スペシャル・エディション [DVD] ヴァージン・スーサイズ ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション ニューヨークの恋人 死神の精度 (文春文庫) オーデュボンの祈り (新潮文庫) ユージュアル・サスペクツ きみに読む物語 スタンダード・エディション スプートニクの恋人 (講談社文庫) 冷静と情熱のあいだ―Rosso (角川文庫)
sponsored links
みんなのブログポータル JUGEM
<< 重力ピエロ / 伊坂幸太郎 | main | 噂 / 荻原浩 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | コメント:0 | TB:0 | |

カイロの紫のバラ(ネタバレ)

The Purple Rose of Cairo (1985)
Cast : Mia Farrow, Jeff Daniels, Danny Aiello
Director : Woody Allen
Genre : Fantasy / Comedy / Romance
Runtime : 84 min
Company : ―
参考リンク → IMDb

She's finally met the man of her dreams.
He's not real but you can't have everything.


◆あらすじ
30年代半ば、大恐慌の波がまだ鎮まらない不況のニュージャージー。夫のモンク(ダニー・アイエロ)は失業中で、かわって妻のセシリア(ミア・ファロー) が、レストランのウェイトレスをやって生活を支えていた。ぶらぶらと遊び歩いてはセシリアからチップを奪い取ってゆくモンクには何の期待もない毎日だが、彼女には、心の支えとなる楽しみがあった。それは、映画を見ることで、好きな映画は何回もくり返して見ていた。彼女は、今、「カイロの紫のバラ」という映画に夢中になっており、何と今日は5回目だった。そのことに気付いた映画の主役トム・バクスター(ジェフ・ダニエルス)が、スクリーンから抜け出し、客席のセシリアに語りかけた。≫goo映画


形式的には「探偵学入門」(バスター・キートン)を踏襲しているらしい。

映画の中から人が出てくる。確かそんな話がどこかにあった。
特別な映画のチケットを手に入れたことによって、
映画の中の世界に好きに出入りできるようになった子供の話だ。
確か、途中で死神が現実世界に出てきてしまって大変!という話だった。
記憶が確かなら、ワーナーブラザースのウサギのキャラクターも出てた気がする。
でも、作品名が思い出せない。
子供が主役だったことを考えると、あれはファミリー向けの映画だったんだろう。

閑話休題。

映画の登場人物が現実世界に出てくるなんてことはありえない。
だけど、この映画の中では「出てくるもの」だとして扱われてる。
映画の中の他の登場人物は、トムがいなきゃ話が進まないと言うし
映画配給会社は、トムをスクリーンに戻す為にどうするか真剣に議論してる。

トムがスクリーンから抜け出した現場に居合わせた観客たちは混乱する。
そりゃそうだ。映画は進まないし、勝手に映画の登場人物が喋りだすのだ。
老夫妻が「自分を一体何様だと思っているんだ」などと罵倒すると、
「私は伯爵夫人なのよ。あんたの古女房とは違うわ。」と言い返す。
このシーンは爆笑だった。
(個人的には、登場人物たちが口論しているところを見てるだけでも
 十分面白そうだなぁとは思ったw)

配給会社の人のセリフも面白かった。
「もし、2千人ものトムが映画から出てきたら・・・」
ニュージャージーの映画館のトムが1人抜け出したことで
他の映画館のトムたちにも影響が及ぶらしい。
「他の映画館のトムたちがセリフを忘れ始めてます!」
非現実的な話ではあるけれど、ありそうな話だなと思った。


この映画の面白いところは、トムが映画の中の世界しか知らないということ。
例えば、シシリアと一緒にご飯を食べに行ってお金を払っても
トムが持っているお金はあくまでも映画の小道具であって、本物じゃない。
そのせいで、セシリアは食い逃げをする羽目になるんだけど
そのとき、トムはシシリアを連れて他人の車に乗り込む。
映画の中なら、都合よくエンジンがかかるはずだが、ここは現実。
「なんでエンジンがかからないんだ!?」
「ここは現実だからよ。キーが必要なのよ。」
「あっちならすぐにエンジンがかかるのに。」

観ている側からすれば、トムがカルチャーショックを受けている様子がおかしい。
ここは現実だ。そんなに都合よく物事は運ばない。

セシリアとキスをしていたときも「なんでフェードアウトしないんだ?」と疑問がるトム。
確かに、普通の映画ならラブシーンやベッドシーンで画面がフェードアウトする。
でも、ここは現実。
セシリアが現実ではフェードアウトしないのよと伝えると、トムは異常に喜んでた。
その光景がちょっと面白かった。

セシリアの夫と殴り合いの喧嘩をするときも、
軽く痛め付けておいて、大丈夫かい?と手を差し伸べる。
それは映画の世界ではごく当たり前に行われている行為だ。
でも、ここは現実。
セシリアの夫は手を差し伸べるトムの手を取って、逆に殴るかかる。
夫はいわゆる卑怯な手を使ったわけだ。
散々殴られたトムは「卑怯だ」と文句を言うが
セシリアは「ここは現実よ。現実は汚いものよ。」
そんなことをトムに言い聞かせていた。
(ちなみに、トムは映画の中の人間だから
 殴り合いの喧嘩をしても髪のセットは崩れない、らしい。)


シシリアは、最終的にトムを演じた生身の人間ギルと
映画の中の人間のトム、どちらかを選ばなくてはいけなくなる。
最終的にセシリアはギルとハリウッドで再出発する道を選ぶ。
別れ際にセシリアがトムに告げた言葉が印象的だった。
「あなたは夢の世界の人だけど、私は違うわ。
 夢に惹かれても現実を選ぶしかないもの…」


結局、セシリアはギルに裏切られてしまう。
一緒にハリウッドに行こうと言ったのにギルは1人で旅立ってしまうのだ。
悲しみながらも、とぼとぼと映画館に戻るセシリア。
カイロのむらさきのバラは打ち切りになって、新しい映画に変わっている。
この映画を見ているときのセシリアの表情がすごい。女優さんだなと思う。
最初は憔悴しきった表情だったのに、最後は目が生き生きと輝き始める。

ここで映画は終わり。

ギルがセシリアと恋に落ちて、セシリアがギルを選んだところで
「あぁこれはシンデレラストーリーでハッピーエンドなんだ」と思った。
それならハリウッドによくある話になっていたと思う。
敢えてギルがセシリアを裏切ったところが、逆に良かったのかなと思う。
最後のシーンが、現実を表しているような気もした。

良い意味で最後に期待を裏切ってくれる映画は好きだ。

カイロの紫のバラ

movie(comedy) | コメント:2 | TB:2 | |

スポンサーサイト

- | コメント:0 | TB:0 | |

comment
David gilmour, 2007/11/06 11:16 PM

こんばんは、「きみ読む」と「カイロ」のトラバありがとう!!

貴記事の冒頭に書いてある、映画のキャッチコピーかなあ。「彼女はついに夢の男性に出会った。彼はリアルではなかったけど〜」と言うのはいいよね。

でも、この映画を見ていると、アレンの映画愛とゆーものを感じるんだよね。

では、ではまたよろしくです!!

しぃ, 2007/11/10 1:37 AM

>David gilmourさん
コメントありがとうございます。
あれはキャッチコピーです。表現がうまいですよね。
映画が好きなんだなーっていうのは伝わってきますね。
こちらこそよろしくお願いします♪

leave a comment
 
 
trackback
url: 
トラックバックは承認後に公開されます。

シネマ・ワンダーランド, 2007/11/05 5:18 AM

米国映画界の才人、ウッディ・アレンが1985年に撮ったファンタージー・コメディー「カイロの紫のバラ」(原題=The Purple Rose of Cairo、米、82分、ワーナー映画配給)。この映画は銀幕のスターがスクリーンから抜け出す、形式的にはバスター・キートンの「探偵

愛すべき映画たち, 2007/11/05 1:45 PM

The Purple Rose of Cairo(1985/アメリカ) 【監督】ウディ・アレン 【出演】ミア・ファロー/ジェフ・ダニエルズ/ダニー・アイエロ ついに、ついにこの日が訪れました! 傑作、名作、何度でも観たい作品、そうい


▲Page top