Information
トラックバックに関して
トラバ返しはしますが、基本的にコメントはしません。トラックバックは承認後に公開されます。スパムがあまりにも多いため言及URLがない場合は自動的にTBを拒否します。記事に関係のないトラックバックは削除します。

コメントに関して
スパム防止のためコメント記入後に画像認証があります。コメントを投稿する際はハンドルネームで結構ですので、お名前をご記入下さい。記事に関係のないコメントは削除させて頂きます。

Latest entries
Categories
Recent trackback
Recent comment
Archives
Links
Others
smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Search this site.
Profile
しぃ ♀ モラトリアム中
好きな映画のジャンルはロマンスとファンタジー。ときどき本やレストランのレビューも書いたりします。

このブログについてTwitterに書く
Booklog
etc...
R S S T I M E S フィードメーター - RE:ねこのうたたね
Donation


The Hunger Site
最近読んだ本
しぃの最近読んだ本
with Ajax Amazon
Recommend


Recommend
黒執事 1 (1) 夏目友人帳 1 【通常盤】 [DVD] よつばと! (1) (電撃コミックス) 夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫) まどからおくりもの (五味太郎・しかけ絵本 (3)) オペラ座の怪人 [Blu-ray] アジアンタムブルー ペネロピ [DVD] 魔法にかけられて 2-Disc・スペシャル・エディション [DVD] ヴァージン・スーサイズ ホテル・ルワンダ プレミアム・エディション ニューヨークの恋人 死神の精度 (文春文庫) オーデュボンの祈り (新潮文庫) ユージュアル・サスペクツ きみに読む物語 スタンダード・エディション スプートニクの恋人 (講談社文庫) 冷静と情熱のあいだ―Rosso (角川文庫)
sponsored links
みんなのブログポータル JUGEM

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | コメント:0 | TB:0 | |

サブウェイ123 激突(ネタバレ)

THE TAKING OF PELHAM 1 2 3 (2009)

Director : トニー・スコット
Cast : デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タートゥーロ
Genre : サスペンス
Runtime : 105分
配給 :劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)

123号車、応答せよ──要求は何だ?
この車両ひとつで、NYはハイジャックできる。


◆あらすじ
ニューヨーク、午後2時。地下鉄運行指令室で勤務中のガーバーは、緊急停車したペラム駅1時23分発の列車へ応答を促す。その列車は、19名が乗車した1両目だけを切り離して停車している状態だった。すると、無線で応答してきたライダーと名乗る男から、“この1時間で市長に身代金1000万ドルを用意させ、期限に遅れた場合は1分ごとに人質をひとりずつ殺していく”との要求を告げられる。さらに、ライダーは交渉相手に何故かガーバーを指名。ところが、警察が指令室にやって来ると、ガーバーはある理由で退席させられてしまう。しかし、ガーバーが席を離れたことを知ったライダーは激怒、運転士を射殺し、ガーバーを強制的に交渉役へ戻させる。こうしてガーバーは警察のサポートのもと、粘り強く交渉を続けながら人質解放と事件解決への糸口を探っていくのだが…。


伏線を張りまくって回収されないまま終わった。
よく分からないまま終わった。
ドキドキはしたけど、見終わった後に「?」ってなる。

お金儲けするはずだった犯人は殺されるし、
主人公の収賄容疑は市長にもみ消されることになるし、
主犯格のライダーが主人公に何故
“You are my hero.”って言ったのか分からなかったし。

主犯格のライダーは軽かったし、ただのcrazyな人に見えた。
ビデオチャットの彼女はあんな状況で
「愛してるって言って」なんて言うなんておかしい。
交渉の時間が長かったけど、緊迫感が全くなかった。

主人公と主犯格の犯人の演技は良かったと思うけど、
それ以上でもそれ以下でもない。
CMがよく出来すぎてると思った。どこが頭脳戦だったの?

ちょっとドキドキするだけで終わった。
わざわざ映画館で見る価値はないと思った。
 
 

movie(thriller) | コメント:0 | TB:0 | |

ストレンジャー(ネタバレ)

Never Talk to Strangers (1995)
Director : ピーター・ホール
Cast : レベッカ・デモーネイ 、アントニオ・バンデラス
Genre : サスペンス
Runtime : 86分
配給 :TriStar Pictures
参考リンク → IMDb / allcinema / goo

In A World Where Love Isn't Always Safe,
Trust Can Be Deadly.

抱かれるたびに、事件が起こるーー。


◆あらすじ
犯罪心理学者サラは、多重人格の疑いがある連続レイプ殺人犯の精神鑑定を行っていた。ある日、サラはトニーというハンサムな男から声をかけられ、初めは用心したが結局彼に電話番号を教えてしまう。二人の関係はいい形で発展していくように見えたが、時を同じくしてサラの身辺に不審な事件が起こり始める。ただならぬ恐怖を感じたサラは私立探偵を雇う…。


久しぶりに映画を見ました;
と言っても、深夜にテレビをつけたらたまたまやっていた
というだけなのですが。。
途中から見たので、後半部分のみのレビューですorz



ホラー系の怖いものは見れなくて、サスペンス系の怖いものも
あまり1人で見たくはないのですが(それも深夜)
続きが気になったのと、俳優のバンデラス氏が
あまりにもセクシーだったため、ついつい最後まで見てしまいました。

ネタバレなあらすじはgooを参照して頂くとして、結末は意外でした。
ハリウッド映画でありがちな、
主人公同士でhappily ever afterなんだと思ってたのに
まさかサラがトニーを撃ち殺すとは・・・。
ついでに父親も撃ち殺して、正当防衛に見せかけるとは。恐るべし。
トニーは彼女の二重人格に気付いてた・・・んでしょうね、きっと。

主人公が多重人格(現在の病名は解離性同一性障害)っていうのは
二次元の世界ではちょっとありきたりなオチだったかなぁという気もします。
でも、ビビリの私はエンディングまで十分ドキドキさせられました。

何度か画面に映るサラを付け狙う犯人の靴、これが重要な伏線でした。
気付いても気付かなくても楽しめるのは
amazonのレビューの通り。

猫を飼っているだけに、猫の死体はあまりにも衝撃的でした。
私が彼女なら失神したと思います。

そういえば、トニーが探すよう依頼を受けていた
サラの元夫っていうのはどうなったんだろう?
彼もサラに殺されてしまったんだろうか?



キャッチコピーの“抱かれる度に事件が起こる”っていうのは
トラウマがある表の彼女は男性が苦手で、抱かれるのは無理。
裏の彼女は男性が平気、抱かれるのも平気。
ということで、抱かれることがきっかけで人格が入れ替わってた
ということなのだと勝手に理解しました。

ストレンジャー [DVD]

movie(thriller) | コメント:0 | TB:0 | |

ブレイブ ワン(ネタバレ)

The Brave One (2007)

Director : Neil Jordan
Genre : Crime / Drama / Thriller
Runtime : 119 min
Cast : Jodie Foster, Terrence Howard, Nicky Katt
Company : Redemption Pictures
参考リンク → IMDb

How many wrongs to make it right?


◆あらすじ
ニューヨークでラジオ番組のパーソナリティとして活躍するエリカ・べインは、愛する婚約者とともに満ち足りた日々を送っていた。だが、彼女の人生はある事件を機に一変する。暴漢に襲われてエリカは重傷を負い、婚約者は死亡。悲劇的な事件を忘れられないエリカは、夜ごと街をさまよって犯人を探し出そうとする。やがて正義を追い求めるエリカの執念は世間の関心を集め、謎の犯人像が取り沙汰されはじめる。ニューヨーク市警が容疑者探しに躍起になるなか、刑事に追われる身となったエリカは、復讐を果たすべきか、思い止まるべきか、決断を迫られるが―。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *

許せますか、“彼女の選択”。

ジョディ・フォスターが、今まで一度も越えることのなかった一線を越える。

大ヒット作「フライトプラン」や「パニック・ルーム」で、どんな危機的状況にも決して屈することなく立ち向かっていく主人公たちのギリギリの戦いを演じ、つねに胸のすくような勝利を勝ち取ってきたジョディが、ついに、そのギリギリの一線さえも突き破る!ごく普通の幸せを夢見る女性が、恋人が殺された恐ろしい夜をきっかけに手にした拳銃。その引き金を最初に引いた瞬間から彼女の人生は劇的に変わっていく……。ラスト15分に用意された、目を疑うような衝撃の結末。映画を観終わったとき、あなたは否応なく選択を迫られる--彼女を許せるか?許せないか?

体当たりというだけでは物足りない、何かをかなぐり捨てたかのような鬼気迫る演技。鬼才ニール・ジョーダンを自ら口説き落としたというジョディの想いは、ふだんは人の書いた作品は撮らないというジョーダン監督を即断させた。今年度最高傑作の一つになることは間違いないであろう衝撃作。≫TOL


日本では11月1日公開らしい。

この映画のプロットを見たときに一番最初にパッと浮かんだのがデスノート。
犯罪者や前科者は殺してしまえばいい。そういう発想。
“みんな奴の行為に快感を覚えてる。報復は気分がいいから。”
ただ、この映画はそういう単純な話ではできていない。

主人公の最後の15分の行動が許せるか、許せないか。
私は許せると思った。というか、許せるほうに投票してきた。

襲われたときの恐怖から逃れるために銃を手に取る。
自分の身を守るために、自分自身を安心させるために銃を持ち歩く。
アメリカが舞台の話だから、これ自体は悪いことではないと思う。
(主人公の場合は不法に購入してたけれど。)

エリカはPTSDによって、長い間外出が出来なかった。
擦れ違う人すべてに怯えて、普通の日常生活が送れない。
そんな中、違法にではあるけれども銃を手に入れた。
その後の彼女の様子は一変する。
事件前と同じような様子でマイクを持って街を歩いて音を収集する。

だから、銃を精神安定剤代わりに持ち歩いたところまでは許せると思う。
でも、エリカは3度引き金を引く。
1度目は自分の身を守るため、2度目はナイフから逃れるため、
そして3度目は監禁されていた少女を助けるために。

この映画の中で一番印象的だったセリフ。
“死ぬ方法は山ほどある。でも、何とかして生きる方法を見つけなければ・・・。”
主人公と同じマンションに住む女性の言葉。

確かに死ぬ方法なんていくらでもあるのだ。
生きる方法を探すほうがよっぽど難しいのかもしれない。

ジョディー・フォスターの映画といえば
フライトプランくらいしか見たことがない気がする。
体当たりな演技は、言わずもがなって感じだったけれど、
この映画は何かしら鬼気迫るものがった。

オススメかどうかというのは一概には言い難い。
許せるか許せないかという点では、賛否両論分かれる映画だと思う。

最初の10分くらいでいきなり婚約者が死んでしまう。
そんな最初のシーンは、私は泣きっぱなしだった。
ただし、泣ける要素は最初しかなかった。
あとは、息が詰まるような、考えさせられるようなシーンばかりだった。

ニューヨークは危険な街だってよく言われるけど
9.11のテロ以降は警察の警備が厳しくなったので安全になったと言われてる。
実際に行ったけど、日本とあまり変わらないと思った。
(地下鉄でハーレムを通ったときは本気で追い剥ぎに遭うかと思ったけど…。)


『ブレイブ ワン』日本公式サイト

関連リンク
ジョディ・フォスター、新作『ブレイブ ワン』で初の連続殺人者役(AFPBB News)

※更にネタバレな追記。結末に関する記載があります。
結末が知りたくない方は読まないことをオススメします。
続きを読む >>

movie(thriller) | コメント:0 | TB:8 | |

フライトプラン(ネタバレ)

Flightplan (2005)
Cast : Jodie Foster, Peter Sarsgaard,
Director : Robert Schwentke
Genre : Action / Drama / Mystery / Thriller
Runtime : 98 min
Company : Touchstone Pictures
参考リンク → IMDb

“If Someone Took Everything You Live For... How Far Would You Go To Get It Back?”


◆あらすじ
夫の突然の事故死に見舞われた航空機設計士のカイルは、6歳になる娘のジュリアを連れて、ベルリンから故郷のニューヨークへ向かう飛行機に乗り込んだ。夫の棺を乗せて飛び立つハイテク重層ジャンボジェット、E−474。それは皮肉にもカイルの設計した最新鋭の航空機だった。機内に落ち着くと、カイルは睡魔に襲われ、夢の中で夫の幻影を見る。やがて目を覚ますと、隣にいたジュリアの姿がない。客席、トイレ、厨房と探し回るが、乗客も乗員も誰一人として娘の姿を見た者はいない。ジュリアはいったいどこへ消えたのか?≫goo映画


子供がさらわれる話。それなりに面白かった。
最後はあぁなるほどねって感じだったけど、
ちょっと無理があるところもあったかなぁ。
なんで子供は目が覚めなかったのかとか、飛行機ごと爆発するだろ、とか。
お母さんがメンタルに見えたりもしたw
Mr.Carsonの目が最初っから逝っちゃってるのは何故?w
彼はもともとああいう目なんだろうか。
なんか・・・ふつーの映画だった。

最初のほうにあった
窓から親子を見つめてるシーンが伏線だったんだなってことは分かったけど
伏線としてはちょっと弱すぎたんじゃないかなぁと思った。

フライトプラン

movie(thriller) | コメント:0 | TB:0 | |

パーフェクト・ストレンジャー(ネタバレ)

Perfect Stranger (2007)
Cast : Halle Berry, Bruce Willis, Giovanni Ribisi
Director : James Foley
Genre : Drama / Mystery / Thriller
Runtime : 1hr49min
Company : Revolution Studios
参考リンク → IMDb

“How Far Would You Go To Keep A Secret?”


◆あらすじ
議員のスクープを握りつぶされて会社を辞めた元新聞記者のロウィーナ。彼女はある夜、幼馴染のグレースから広告業界の大物ハリソン・ヒルの不倫スキャンダルの話を聞いた。その数日後、グレースは変死体となって発見されてしまう。死の真相がハリソンの口封じではないかと疑ったロウィーナは、大スクープを得るべく独自の調査を開始。元同僚のマイルズの力を借り、偽名でハリソンの会社にもぐりこむことに成功するが…。≫goo映画


日本では2007年9月29日公開らしい。

美人な主人公とブルース・ウィルス。うむ。
主人公が美人なので、見ていて楽しかった。これは、個人的にかなり好き。
ストーリー展開がロマンス&スリラーって感じで面白い。見ていて飽きない。
所々にはさまるフラッシュバックが意味深だった。
これは結局、すべての伏線だった。話の作りこみ方がナイス。

やっぱり最後が印象的すぎる。
MilesがIt's so beautiful.って最後に言ってたけど、正にその通り。
どんどん続いていくんだ・・・っていう恐怖、かな。
ゴーストシップの終わり方と同じ感じ。
自分を愛してくれる人をも殺しても、結局はどこかに目撃者がいる、
完全犯罪なんてないっていう。。

あと、話のポイントになる目の写真も印象的だった。
サスペンスの王道の「この人が犯人かも!!」っていうのが何度かあって、
最終的にMilesだった!って思ったけど、更にどんでん返し。
これ以上は言うまい。見て楽しんでくださいw
話のどんでん返しが好きな人にはオススメ。見ても損はないと思う。
映画館で見る必要はないけど、見ることはオススメしたい。
少なくとも、私はラスト7分まで騙されてたw


≫公式サイト


※更にネタバレな追記
犯人が知りたくない人は読まないことをオススメします。
続きを読む >>

movie(thriller) | コメント:2 | TB:18 | |


▲Page top